海外不動産投資ってどう?

アジアの不動産投資について

日本国内での不動産投資が厳しい現状の中、海外不動産投資に注目が集まっています。特に近年の経済成長のめざましいアジア諸国は、外国企業の進出や観光業の開発が進み、不動産の重要拡大が見込まれています。海外不動産投資のメリットとは、現在発展途上であるアジアは先進国に比べて物価価値も低く不動産価値もまだ購入しやすいのが現状です。

 

また、マカオなどは不動産売却益などへのキャピタルゲイン税がなく、タイなどは固定資産税がゼロです。法人税や住民税も安いというメリットもあります。インフレにより物価価値の上昇してはいますが、それに反して非常に低金利で融資を受けることができます。すなわち、支払う能力があることを前提にすれば、インフレ率、上昇率が金利を上回る為、その差額で儲ける事が可能になるのです。最近の人気リゾート地であるタイやフィリピンをはじめ、急速に経済発展を遂げているマカオは通貨、物価上昇可能性が高く、海外不動産投資先として大いに期待できる国なので特におすすめです。