マニラとセブ島の物件

フィリピンの不動産について

最近アジアの不動産や市場の人気が徐々に上がってきています。フィリピンというと、何もない田舎道や、土の道路などのイメージがある方が多いのではないでしょうか。実際は、マニラなどの都市を中心に高層ビルも建ち並んでおり、生活の支障はほぼありません。ですから、新しい市場という意味でも、今フィリピンの不動産に注目が集まっているのです。

 

フィリピンは東京から飛行機で4時間ほどの距離にあり、日本との行き来にも便利です。海にはきれいな珊瑚礁がありますし、気温も1年を通して26度ほどでとても過ごしやすいです。フィリピンの不動産が人気なのは、やはり価格が安いということが大きいです。アジア諸国の中でも、特に安い方になっており、住みやすさも相まってフィリピンの不動産が人気なのです。フィリピンのGDPは2000年あたりから急成長を始めていますが、それは今も安定して上がり続けており、先を見据えてもフィリピンの不動産には将来性があります。フィリピンはこれからも成長を続ける国である、という予測がたてられる国ですから、年々注目する投資家も増えているのですね。